摂取方法

プラセンタ注射

もっともプラセンタの効果を実感できるとされている摂取方法がプラセンタ注射。
ヒトプラセンタを注射することで、若返り効果、病気の改善効果を実感することができます。
プラセンタのドリンクやサプリメントであれば、自宅で好きなプラセンタを摂取できますが、プラセンタ注射は医療機関でしか施術が受けられません。
プラセンタ注射の種類については、こちらを参考にしてみてください。

現在、日本においてプラセンタ注射で使われているプラセンタは2種類。
ひとつはラエンネックと呼ばれるもので、おもに肝臓の病気治療に使われています。
アレルギー症状、腰痛や肩こり、疲労にも効き目があるとされます。

もうひとつはメルスモンで、更年期障害を始めとする婦人科系の疾患治療に用いられています。
1回1アンプル(2ml)1回分のお値段は1000円から3000円程度。
筋肉注射による注入がほとんどですが、静脈注射による注入もおこなわれています。

これを最初は週に1、2回注射し、それから1週間から2週間に1回注射するのが一般的な注射周期です。
品質や安全性が保証されたプラセンタしか使用していませんから、感染症を極度に心配する必要はありません。
ですが、体質や体調次第では、副作用が出る可能性はあります。

プラセンタ注射による副作用として報告されているのは、湿疹、発熱、生理周期の変化などです。
気になる症状が出たら医師に相談しましょう。
病気治療のためにプラセンタ注射をするときであれば、保険の適用があります。

美肌効果、アンチエイジングのためにプラセンタ注射をするときには保険適応外になるのです。
プラセンタは注射だけではなく、アンチエイジングケアとして使われたり、点滴して注入することが可能となっています。
このように、注射や点滴でプラセンタを注入している人、もしくは注入した経験のある人は、献血をすることができないことを知っておきましょう。
献血が禁止されているわけではありませんが、プラセンタ注射や点滴をしている人は、献血が制限されているのが現状です。
普段からよく献血をしているという人であれば、プラセンタを注射している間は献血を控えるか、プラセンタを抜いて献血する必要があります。

↓アレルギー持ちの方はこちらも

Copyright(C) 2013 人間の体に必要不可欠な栄養素 All Rights Reserved.